実銃射撃 射撃のコツ 製品レビュー

ビームピストル・トリガーチューニング

投稿日:2020年2月19日 更新日:

最初に……この記事は、前フリとか現状説明とかそういうのをざっくり省いて、良く言えば要点に絞った、悪く言えば無味乾燥な文章になっています。

興東電子製のビームピストルのトリガーフィーリングを良い感じにする「トリガーチューニング」を始めます。
[2020/02/23追記]トリガーチューニングを何件か手掛けて製造時期が違うビームピストルを見たことでわかったことを追記/訂正しました。

初回お試しキャンペーンは終了しました。現在は通常価格にて受付しています。

ノーマルのビームピストルにある問題点は、ピストル本体に限って言えば主に6つあります。

1.軸の精度が悪い

 トリガーやシアの軸にはスプリングピン(鉄板を丸めて棒状にしたもの)が使われています。断面が完全な円ではないので、軸の差し込み方によって部品の回転軸が変化し、シアのかかり具合などの極めてデリケートな部分に致命的な誤差が生じることがあります。

2.軸の摩擦抵抗が大きい

 同じ理由で、軸の差し込み方によって部品が回転する際に生じる摩擦抵抗がものすごく大きくなってしまうことがあります。

3.トリガー左右のガタが大きい

 トリガー部品と本体の間に大きな隙間があるため、トリガーに対して斜めに力を入れた際にパーツ全体が大きく傾き、本体とガリガリと擦れてしまうことがあります。
※現行商品では金属製シムを入れることでガタを減らし本体との擦れを防止する措置が施されています。

4.長過ぎる1stステージ

 ビームピストルは、ある程度トリガーを動かさないとレーザーが照射されない仕組みになっています。個体によってはそのタイミングが遅いものがあり、1stステージのストロークをかなり大きくとらないとレーザーが照射されず、トリガーの調整余地が少なくなってしまっています。

5.キレの悪いシア

 シア同士が最終的に噛み合う部分のカドが丸められているため、シアが切れる時(2ndステージ)で一瞬でスパッと切れるのではなく、切れ始めから切れ終わりまでズルズルと動く感触があります。
※現行商品ではカドを尖らせる切削加工が施された上で、噛み合い部分がグリップを外すだけで外部から見えるように丸い窓が開けられています。

6.安定しないグリップ

 グリップとレシーバーとの接合面にしっかりと位置決めするものがなく、グリップスクリュウを締め込んでもグリップを握って銃本体をねじると少し動いてしまいます。

このカスタムでは、これらの問題を全て解決します。

「1.軸の精度」と「2.軸の摩擦抵抗」の解決

 トリガーおよび2つのシアの軸を、スプリングピンから平行ピン(中身が詰まった金属製の円柱)に交換します。これにより差し込み方によって部品の軸間距離が変わってしまう問題がなくなります。また、部品と軸との摩擦抵抗は比べ物にならないほど小さくなります。

上3つがノーマルBPに使われているスプリングピンです。これを下の平行ピンに交換します。


右がスプリングピン、左が平行ピンです。スプリングピンの欠点は断面に歪みがあり円形ではないことと、鉄板の切れ目に負荷がかかる組み立て方をすると軸抵抗がすごく大きくなってしまうことです。


スプリングピンと平行ピンの軸抵抗の大きさを簡単に比較してみました。まずはスプリングピンにBPのシアを差し込んで、指で回してみた動画です。


次に平行ピンで同じことをした動画です。抵抗の少なさが一目瞭然だと思います。


「3.トリガー左右のガタ」の解決

 テフロン製のシア(薄いドーナッツ状の部品)をトリガーベースと本体の間に挟んでガタをなくします。シアはテフロン製なので摩擦抵抗は極めて小さくなり、トリガーを引くときの引きずり感は微小で済みます。シアの厚さは0.3mmのものと0.5mmのものがあるので、それらを組み合わせることで個体間でのサイズ差に対応します。

「4.長過ぎる1stステージ」の解決

 ビームピストルはトリガーベースに仕込まれた磁石によってトリガーの位置が検出される仕組みになっています。その磁石の位置をごくわずかにずらすことでレーザー照射開始タイミングを微調整します。
※既に適切な位置でレーザーが照射開始される製品については、この調整は行いません。

「5.キレの悪いシア」の解決

 シア同士の噛合い部分を砥石で磨いて尖らせたり、硬いステンレス薄板を金属用超強力接着剤で貼り付けたりすることで噛合い箇所の調整を行います。これにより2ndステージは一瞬でスパッと切れる競技銃らしいものになります。

「3.4.5」のカスタムによる効果をGIFアニメーションで紹介します。こちらはノーマルBPのトリガーのイメージ図です。製造時期によっては1stステージ調整スクリュウを最大まで引っ込めた(1stステージを長くした)状態にしないとレーザーが照射されないため、調整範囲に大きな制限が生じてしまい、また2ndステージでの部品同士の当たり具合にも不具合が生じています。


こちらはトリガーチューニングを行うとどうなるのかを図示したものです。レーザー照射開始タイミングを調整したため1stステージ調整スクリュウを使用することが可能になりました。またシア同士の噛合部分に硬いステンレス板を貼り付けた上で研ぎ出すことで、2ndステージが短くなり、スパッとシアが切れるようになりました。


「6.安定しないグリップ」の解決

 グリップと本体の間の適切な箇所にポリカーボネート板を挟むことで、グリップがしっかりと本体に密着し、グリップスクリュウを締め付ければガッチリと固定されて動かなくなるように調整します。

これはほとんどオマケ要素になりますが、グリップの特定の位置にポリカ板を挿入することでグリップが本体にしっかりと固定できるようになります。


製造時期などによって、上記のカスタムの全てが必要ではない個体もあるかもしれません。その場合は必要ない部分には手を付けずに返送しますが、原則としてカスタム料金には変動はありません。また、上記メニューになくても、シアA/B間にある小さいスプリングが劣化している場合は高精度なものに交換したり、ネジがゆるくなっている部分にはネジロック剤を塗布したりというチューニングなど、追加の作業が必要であると判断した場合は無料で行います。

ビームピストル・トリガーチューニングご依頼の手順

  1. このページの下にあるリンクからショップサイトにある注文ページに移動します。
  2. ショップサイトにてお支払い方法などを選択し、注文します。
  3. 「ご注文の確認」メールに記載されている「注文番号」をメモ用紙などに書き写します。
  4. 注文番号を書いたメモを同封して、ビームピストルをしっかり梱包します。
  5. 宅急便などで「あきゅらぼ」に送ります。送料はご負担ください。
    〒125-0061
    東京都葛飾区亀有5-38-11 池上ビル403
    TEL:090-1853-4009
  6. 到着次第、内容を確認します。万が一カスタムができない状態だった場合はそのままの状態で返却します。料金も返金します(返却時の送料として1,000円のみいただきます)。
  7. お預かりしてから約1週間以内に、トリガーチューニングを施したビームピストルをお届けします。

ビームピストル・トリガーチューニング

-実銃射撃, 射撃のコツ, 製品レビュー

Copyright© あきゅらぼ Accu-Labo , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.