GUNニュース 実銃射撃 海外の反応シリーズ

ファインベルクバウP8X【海外の反応】

投稿日:2016年5月15日 更新日:

競技用エアピストルのシェアは、ステイヤーがまず圧倒的で、つづいてモリーニやワルサーが少しといった感じです。エアライフルの世界では圧倒的トップシェアを誇るファインベルクバウですが、エアピストルの世界ではいまいち人気がありません。数年前に満を持して発売された新製品「P44」は、結果から言うとメタメタな評判で、さっぱり売れなかったようです。

ファインベルクバウ P8X

p8x-00そんなファインベルクバウが、起死回生を狙って発表したのが「P8X」です。とにかく目を引くのはそのスタイル。かっこいいというか未来的というか、いやもうオブラートとっぱらって正直に書くと「ナニコレ?」って感じのデザインですね。射場でコレ持ってたら、相当に注目浴びることになるんじゃないでしょうか。

公式動画も、まるでSF映画の番宣みたいな手の込んだものになっています。

特長をざっと書き出してみましょう(画像は全て上記の公式動画より引用)。
 

p8x-01サイトラインが低く、理想的な射撃姿勢が取れる
p8x-02フロントサイトの前後位置を変更できる
p8x-03リアサイトノッチは、幅を2mm~8.5mmに調整できる他、深さも1.8~3.5mmに調整できる。また、左右に±15°回転させる(傾ける)こともできる
p8x-05トリガーは三次元に調整可能。また上下位置も4mm調整できる
p8x-04グリップを取り付けたまま、3D調整ができる。プレッシャーリデューサーはメンテナンスフリー
p8x-06バレルスリーブはアルミ製
p8x-0715gのバランスウエイトが4つ付属し、好みの場所に取り付け可能

アブソーバー(反動軽減装置)や空撃ちモードの搭載など、これまでのファインベルクバウ製品の特長だった要素はそのまま継承されているようです。とくにアブソーバーについては、いわばファインベルクバウが先駆者のようなものですから自信が伺えます。

では次のページから、海外掲示板(Target Talk)でのこの銃についての評判を見てみましょう。

-GUNニュース, 実銃射撃, 海外の反応シリーズ

Copyright© あきゅらぼ Accu-Labo , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.