実銃射撃

電子標的に隠された衝撃の真実

投稿日:

※煽ったタイトルになってますが、実は隠されてもいないしそれほど衝撃ってわけでもありません。

ようやく4段をゲットできた昨日の全国ピストルですが、実は最初に撃ち始めた時、正確に言うとプレパレーション&サイティングタイムで試射してたときは、「ああ、なんか今日はダメかもしれん」って感じでした。普通に真ん中に当たってるような感じなのに、ちょっと上の9.5とか9.8にばっかり集まります。高さだけに気をつけて撃つと、真横に当たったりするんでサイト調整はしたほうがよいのかよくないのか? 同じ大きさの的を、同じ距離から、同じ銃で同じ弾を撃ってるんだから、そうそう上下にズレたりするようなことはないはず、たんなる「撃ち方の感覚」で上下にズレてるのなら大きくサイトを動かすのも怖いし……(注:これ、伏線になります)。

とりあえず、「DOWN」の方に1クリックだけ、ほとんどおまじないな感じですね、サイトを動かして撃ち始めます。昨日のエントリーに書いたとおり、「今撃った一発と、これから撃つ1発以外は気にしない」を徹底していたので全体的な傾向はよく覚えていないんですが、上手く撃てればだいたい10点に入る、けれど上手く撃てたと思っても9に外れることもあるというようなペースで進みます。練習でも「だいたい上手く撃てた」と思ったのに9.8くらいに当たることは良くあるので、所詮はそこらへんが自分の実力なんだと割りきって、あまり9か10かに一喜一憂せずに撃ち進んでいきました。

-実銃射撃

Copyright© あきゅらぼ Accu-Labo , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.