GUNニュース

第55回 全日本模型ホビーショー タカラトミーの「G-SHOT」

投稿日:

「子供だまし」をする気なら、このくらい本気で騙しに行かなきゃ

今年の1月頃に発売された、タカラトミーの「G-SHOT」。リボルビング式の連発輪ゴム銃だ。ニュースリリースを見てスグに秋葉原の大手量販店に買いに行ったのだけれど、けっこう大きな専門コーナーが設けてあるのに残っているのはターゲットと若干のカスタムパーツだけで、本体は全て売り切れ。試射ができるサンプルが置いてあるだけという状況だった。Amazonでも品切れが多く、手に入れようとしたらプレミア価格を付けた出品者から定価の倍近いお金を出して購入するしかないという状況が続いている。実は「静かなブーム」みたいなものが起きていたりする?

精度重視(青いやつ)と、パワー重視(赤いやつ)がまず発売、その後黒いオールマイティータイプみたいなのが出たりとバリエーション展開も豊富。今回、タカラトミーのブースの一角、あまり目立つ場所ではなくどちらかというと裏側にひっそりと展示してあるというイメージだったが、そこに置いてあったのは見るからに凶悪な形をした連射重視のバルカンタイプだった。
 

takaratomy-0211月下旬発売予定、G-SHOTとしては第8弾目になるらしい「ガトリングドラゴン」。子供サイズに縮小されているとはいえ、かなりの大きさだ。これは上下逆というわけじゃなく、上に突き出たグリップを持って下に吊り下げるようにして構えて、右側面にあるクランクを回すことでセットされた輪ゴムが次々に連射されていくというもの。定価は4,000円と、それほどベラボウに高いというわけではない。
takaratomy-03前から見たところ。とにかく凶悪な面構えは子供心にビンビンと訴えかけるものがあるんじゃないだろうか。
takaratomy-04八方に伸びたアームに、5つずつのツメが付いていて、そのツメに一本ずつ輪ゴムをセットする。合計で40発の装弾数ということになる。
takaratomy-05クランクを回すことで全体が回転し、ツメに引っ掛けられた輪ゴムが一本ずつ発射されていくという仕組み。
takaratomy-07こちらは初代モデルの一つ、「スナイプドラゴン」。どこらへんがスナイプなのかというと、上部に少し長めのオープンサイトが付いているところと、バーチカルフォアグリップが付いていることにより「正確な照準と射撃を可能にする」という。射撃時にはサイトの台座部分を後方に引くことで、前部にある回転弾倉の一番上にある輪ゴムを引っ掛けて「装填」を行い、引き金を引くことで台座が勢い良く前進すると同時に装填された輪ゴムが発射される。台座部分はけっこうな重さがあり、射撃時には強い「リコイル」を感じるのも面白さの一つ。
takaratomy-08こちらも初代モデルの一つ、「インパクトドラゴン」。スナイプドラゴンより弾倉部分を含めた「銃身」が長くなっており、輪ゴムをより長く引っ張った状態から発射するため、よりパワーが強くなるというわけだ。インパクト、パワーともに定価は1500円。
takaratomy-09「Power is Everything(パワーこそ全てだ)」とは、イギリスの某自動車ジャーナリストの言葉ではあるが、やっぱり「銃」にカテゴライズされるものだとパワーを求めるニーズは強いのだろう。6月に発売されたバージョンアップ版である「マキシマムドラゴン」は、さらに銃身長を長くしてパワーを上げたライフルタイプ。定価は2800円。
takaratomy-10連射機能を持った製品や、一度に2発発射する機能を持った製品を変形したり合体させたりすることでどんどんと拡張させていく、なんてこともできるらしい。
takaratomy-06赤やら青やら、いかにも子供向け玩具っぽくてちょっと……という人向けなのか、こんな展示も。市販品ではなく、「塗装することでここまでカッコ良くなりますよ」というサンプル品とのことだ。
takaratomy-01子供の心をガッチリつかめる「子供だまし」を作ろうとするなら、ここまでやらなきゃダメだよなあ、どこぞの特急ガンにも見習って欲しい。タカラトミーといえば鉄道玩具も主力商品の一つ。ガチで磁力浮上して猛スピードで走る「リニアライナー」はいろんなニュースにもなっていたが、そのデモ走行も行われていた。……あまりに速くて、写真に撮っても残像しか写らないのだが。発売は9月末予定とのこと。

-GUNニュース

Copyright© あきゅらぼ Accu-Labo , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.