トイガン射撃

次回と、その次のピンポイントシューティング

投稿日:2010年9月13日 更新日:

次回のピンポイントシューティングは、予定通り9月25日の最終土曜日、新宿のTarget-1にて開催します。

そして10月3日の日曜日には、待望の10m版ピンポイントシューティング、名付けて「ピンポイントシューティング“L”」のテストマッチを開催します。場所は四ツ木にあるミリタリーバー「HEAD SHOT」。バーなので、スタート時間は夜の7:30から。「日曜の夜開催」となります。これまでの「土曜の昼間開催」ではお仕事の都合などで時間を開けづらかった方や、「ライフルで5mは近すぎてどうも…」という方も、ぜひご参加ください。

ピンポイントシューティング“L”は、「距離が10mになった」ということ以外、ルールはほぼ通常のピンポイントシューティングと同じです。ただ、いわゆる「APSカップカップのオープンクラスでライフル部門に参加する仕様」のライフルをご使用の方が多かった場合、それもプレシジョンクラスで参加OKとするかもしれません(一応、告知ポスターではソレもフリークラスの予定でしたが、当日現場の判断でルールを変えるかもしれませんってことです)。テストマッチなのでいきなりのルール変更とかそこらへんはどうかご勘弁。

都内在住でも、「四ツ木って、どこ?」って人は多いんじゃないかと思います。そのくらいマイナーというか陸の孤島というか。位置的には錦糸町と亀有 の中間くらい、水戸街道(6号線)が荒川を渡る橋(四ツ木橋)のすぐ近く。HEAD SHOTは京成電鉄押上線の「四ツ木駅」から歩いて5分足らずのロケーションです。

駅からバーまで歩いて行く途中の道は、これって昭和を舞台にしたドラマのセットかなにかじゃないだろうかと思えるくらいに、なんとなく懐かしい町並みが続きます。すぐ近くに高速が通り、6号線沿いにはお洒落なマンション が立ち、しかしその狭間に取り残された時間が止まった空間、四ツ木って街を形容するとしたらそんな感じになるでしょうか。

そんな中に忽然と登場する異空間がHEAD SHOTです。エントランスから内装にいたるまで、「アメリカっぽさ」を前面に打ち出したデザインで統一され、もちろん出てくるメニューも巨大なハンバーガーだったりバドワイザーだったりとアメリカ風。一方でなぜか沖縄料理だとかが期間限定でメニューに載ってたりするんでなかなか油断できません(海ぶどうがメニューにあるバーって、都内でもそうそう無いんじゃなかろうか)。店内にある大型プロジェクターにはミリタリー関連の映像がエンドレスで流れています。

参加費は2,000円になりますが、バーなので軽食が付きます。軽食以外にも、飲み物とか食べ物とか個人で注文していただく分には構いません、というかむ しろどんどん頼んでワイワイやっていただけると、場所を提供していただいているHEAD SHOTさんも潤うので非常に有り難いです。

2Fがシューティングレンジになっています。射座は4つ、10mくらいと5mくらいの射座が2つずつで合計4つですが、射座の場所にこだわらなければ4~6人くらい一度に10mで撃つことができます。射座の下の板は開くので、ご希望でしたらプローンで撃つことも可能。

欠点は、冷房が無いこと。そのため夏場の開催は体力的に無理です。最初は「9月になれば涼しくなるかな」とか思って9月開催も考えていたのですが、10月に先送りして正解でした(まさかこんな残暑が物凄いことになるとは…)。

-トイガン射撃

Copyright© あきゅらぼ Accu-Labo , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.