トイガン射撃

2021年10月3日 亀有ピストル練習会 結果

投稿日:

前回から約1ヶ月ぶりになります、亀有ピストル練習会です。緊急事態宣言明けとなって初の日曜日、それもカラッと晴れた実に良い天気ということで商店街の賑わいもなかなかなものでした。そろそろ完成する大型マンション&スーパーマーケットのお隣に寄り添うみたいにして建ってる小さい一軒家の公共施設、そこをまるごと借りての開催です。

今回の改善点は、中央通路(シルエット用の長距離レーン)の通路部分を覆うネットの固定方法です。100均の園芸ポールに活躍してもらってるのは同じですが、園芸ポールとドアのヒンジ部分をベルクロテープをつかってガッチリ固定、ちょっとやそっとではポールが外れて落ちたりしないようになりました。このおかげで天井部分のネットを左右にピンと張ることができるようになり、背が高い射手でも頭がネットに触れなくなりました。
今回の集計では、電卓の不具合トラブルがあり途中でターゲットを回収しなおして再集計することになり皆さんにはご迷惑おかけしました。電卓が、入力した数値より必ず「1」だけ多い数値を示すという不思議モードになっていて原因がわからず解消方法もわからず難儀していました。後でわかったことですが「切上」というモードになっていて小数点以下がどうであろうがかならず切り上げた数値を表示しており、そのモードへの切替えがほとんど隠しコマンドみたいなやりかた(設定の三本線をタップして出てくるメニューではなく、電卓の数字を表示する場所の少し下をタップすると出てくるメニューで設定する)だったというのが真相でした。なにかの拍子に触っちゃったんだと思います……。

自他ともに認める「SCATT効果(SCATTで練習した直後はものすごく良くなる)」が発揮されたヤマモトさん、軽く上下揺れはあるものの高得点をキープ。久々に参加のタケミツさんは、ガスブロのハイキャパをノンブローバックの精密射撃専用仕様に改造したもの(「ハッシュパピー」って言葉が誰からも出てこなかったのは時代の違いなんでしょうか)でなかなかの高得点です。他の皆さんは……なんかいつもはもっと高いスコアを撃ってたような記憶があるのですが、なにか邪念が入ったか、射撃フォームとか銃の設定を試行錯誤中なのかもしれません。

いつもよりちょっと時間がかかってしまったひたすらブルズアイの終了後、さらなるプレート練習に残ったメンバーで練習を続けます。緊急事態宣言が終わったので会場が使える時間も夜8時ではなく通常通りの9時までになっています……が、さすがにそんな時間までミッチリ練習し続けたりしたら、しんでしまいます。午後5:00からひたすらプレートの点取り開始ということにして、それまでの間は各自のペースでプレート練習したり、SCATT練習したり、休憩したりしました。北集い交流館は2Fが和室になっていまして、荷物置き場兼休憩場所として1Fの会議室と一緒にまとめて借りています。「ザブトンを枕にして畳に寝っ転がって仮眠する」なんてのを途中でできる練習会はなかなかないんじゃないかと思います。

さてプレート練習会の結果、スコアだけみると上みたいな感じで、「(自分を含めて)なかなか上達しないなー」って感じになるのですが、実際に撃ったあとのプレートを印刷したペーパーターゲットを見ると、てんでバラバラで当たるも外れるも運次第だった頃と違って明確になんらかの傾向がある形になってきてるのがわかります。原因を見つけて、改善方法を考えて、練習して、再度トライして成果を確認して……というサイクルがうまく作れればいいのですが、3秒射のコーチングで頼れる人なんてそうそういませんし、難しいものです。

さて、次回の亀有ピストル練習会は、10月最後の日曜日になる31日に地区センターにて開催します。10下旬になりましたらエントリーページ作りますのでご参加よろしくです!

-トイガン射撃

Copyright© あきゅらぼ Accu-Labo , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.