トイガン射撃

ひたすらブルズアイ亀有(2020/11/23)結果

投稿日:

ぽかぽか陽気となりました勤労感謝の日、亀有にて朝から晩まで延々とピストル射撃の練習を続ける「ひたすらブルズアイ亀有」に多数のご参加をいただき、ありがとうございました。

赤羽でやっていたころ以来の久々な方から、今年の夏にAPSを始めたばかりの方、前回見学にいらっしゃってそのままAPS-3を購入して今回初参加の方など、幅広い層の方々に参加していただけました。フルで参加すると実はなかなかにハードな練習会です。もっともブラック部活とかとは違って自分の楽しいペースで楽しく撃っていただければそれで十分です。ちょっと無理して頑張るのもそれがやりたいひとがやってて楽しいからやってるだけなので、そういう人しか参加しちゃダメなんてことは全然ありませんのでご安心ください。

前半(12:00くらいまで)はブルズアイのフリー練習会、PM1:00から「ひたすらブルズアイ」開始、それが終わったら終了時刻までプレートのフリー練習会というスケジュールです。ひたすらブルズアイが終わったのがPM3:30くらいになったのでプレート練習会ができたのは1時間半くらいとなりましたが、連続して撃つとブルズアイよりも遥かにキツいのがプレートですから短時間でもえらく内容の濃い練習時間になりました……。

こちらは「ひたすらブルズアイ」の成績表です。

人一倍ストイックに技術向上に取り組んでいるアズキバーさん、タケミツさんは順調にスコアが伸びています(1発多く撃ってしまったシリーズ、少なく撃ったシリーズが混在してる方もいますのでシリーズ毎の得点はあくまで参考で)。今回初参加のKazuさんはグラマスにマンティスを装着し、フリー練習時間から自分の射撃をチェックしていまして、これで上手くならないはずがない!タケダさんは「もう長いことピストル撃ってないよーすっかり下手になっちゃったよー」が口癖ですが騙されちゃいけません、やっぱこの人上手いです、なんつっても積み上げた経験の量が僕らとは違います。

初参加のあずさん。APS-3を撃つのは今日が始めてとのことですが、もともとクレー射撃をやってらっしゃる方なので銃については素人ってわけじゃありません。本人の希望もあって、普通の体験会みたいに「まずはあんまりスコア気にせずに撃つこと楽しんでください」的なやり方ではなく、学校の部活っぽいというか、ピストル射撃教本に載ってる初心者向け練習手順に則ったやり方というか、「椅子に座って、台の上にピストルを置いた状態で射撃姿勢を取って、SCATTを使いながらまずはトリガーの引き方とサイトの揃え方の練習」からスタートしてもらいました。

最初こそクレーっぽいトリガーの引き方(ここぞってところでスパッと切る感じ)でしたが、競技用ピストルのトリガーの引き方を実演して真似してもらってるうちにメキメキとSCATTの数値が良くなっていき、数十発撃つころには(置き撃ちとはいえ)10a0が余裕で連続するところまで上達しました。……と、ここまでの段階を踏んだところで午後の「ひたすらブルズアイ」に普通に立ち撃ちで参加してもらった結果が上記のものです。最初こそ試合形式で撃つというのが始めてで戸惑ったこともあり弾痕不明も出てスコアが伸び悩みましたが途中からはもう堂々としたもんです。ちゃんと得点圏内に全弾命中してます。繰り返しますが、「今日、始めてAPS-3を手にした人」なんですよ!

やっぱSCATT先生は偉大です。長くやっててもどうにも伸び悩んでるとかいう人でも「台の上に銃を置いた状態でSCATTを使いながらトリガープルだけの練習」みたいのをやってみて、「完璧に良い感じでトリガーを引いたときのイメージ」を脳内に作り直すことが、なにかしらの状況打開の糸口になったりすることもあるかもしれません。

さて、次回は12月26日に「亀有北集い交流館」にて開催です。1Fの会議室だけじゃなくて2Fの和室も含めて全館貸し切りです。ブルズアイ、プレート、そしてシルエットの6m/7m/8m/9m/10mの全てを立ち・伏せの両方で撃てる環境を常設します。脳内ではレイアウトは完璧なのですが現実でもそれがうまくいくかどうか……。後ほど詳細とエントリーページを掲載しますので、ぜひこちらもご参加よろしくお願いします。

-トイガン射撃

Copyright© あきゅらぼ Accu-Labo , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.